泊まり込み


by xd2qiujkan

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 NHK営業局の男性職員(52)=東京都品川区=が同区内の公園で女性に下半身を露出したとして、警視庁品川署に公然わいせつの疑いで逮捕されていたことが1日、同署などへの取材で分かった。同署によると、男性職員は「やりました」と容疑を認めている。同署は男性職員を釈放し、任意で捜査している。

 同署などによると、男性職員は昨年12月4日午後9時55分ごろ、自宅マンション近くの公園内で、20代の女性に対して下半身を露出した疑いが持たれている。男性職員が犯行後、自宅マンションに入るのを被害者の女性が目撃していた。

 NHK広報局は「誠に遺憾であり、関係者や視聴者の皆様に深くおわびする。事実関係を調べた上、厳正に対処する」とコメントしている。

【関連記事】
路上で下半身露出 東京消防庁消防学校生を逮捕 栃木県警
「忙しくて…」下半身露出のデリヘル経営者逮捕
「つい出来心で」男子高生に痴漢の疑い 男を逮捕 埼玉
「怖がる顔が見たい」公然わいせつ容疑で男逮捕
「府中駅どこ?」で振り返ったら… 公然わいせつ容疑で会社員を逮捕

<白血病>原因分子を幹細胞内で発見 理研など(毎日新聞)
<海底火山>福徳岡ノ場が噴火 4年半ぶり 南硫黄島沖(毎日新聞)
木嶋被告が運転、大出さん昏睡まで時間稼ぎか(読売新聞)
小沢氏は「秘書の結婚式」に出席 「薄汚い金は受け取っていない」(産経新聞)
偽札 東北4県で60枚に…ホログラム精巧、判別難しく(毎日新聞)
[PR]
by xd2qiujkan | 2010-02-05 18:48
 午前6時51分、松野頼久、松井孝治両官房副長官が公邸に入った。
 午前8時10分、松井氏が出た。
 午前8時26分、松野氏が出た。同27分、公邸発。「経団連の次期会長に米倉氏が内定したが、今後どういう協力関係を築きたいか」に「どういう政策が打ち出されるか伺ってみたい」。同29分、国会着。同31分、院内大臣室へ。
 午前8時32分から同55分まで、閣僚懇談会。同56分、院内大臣室を出て、同57分、参院第1委員会室へ。同9時55分、参院予算委員会開会。
 午後0時57分、参院予算委散会。同58分、参院第1委員会室を出て、同1時1分、国会発。同3分、官邸着。同4分、執務室へ。同8分、同室を出て首相会議室へ。
 午後1時25分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後1時30分、執務室を出て大会議室へ。同31分から同2時3分まで、新聞・通信各社の論説委員と懇談。同4分、同室を出て南会議室へ。
 午後2時5分から同32分まで、民放各社の解説委員と懇談。同33分、南会議室を出て小ホールへ。
 午後2時34分から同3時2分まで、内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。同3分、小ホールを出て執務室へ。
 午後3時4分から同25分まで、中国人民対外友好協会の李小林副会長らが表敬。川上義博民主党参院議員同席。
 午後3時26分から同50分まで、三谷秀史内閣情報官。同52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同54分、国会着。同56分、参院議長応接室へ。同58分、同室を出て参院本会議場へ。同4時1分、参院本会議開会。
 午後4時27分、参院本会議散会。同28分、参院本会議場を出て、同29分、国会発。同30分、官邸着。同32分、執務室へ。
 午後4時42分から同5時3分まで、福島瑞穂少子化担当相、泉健太内閣府政務官。同4分、執務室を出て特別応接室へ。
 午後5時5分から同30分まで、和田明範駐スーダン大使、番馬正弘駐ベナン大使らが新任のあいさつ。同31分、特別応接室を出て執務室へ。同32分から同56分まで、国土交通省の馬淵澄夫副大臣、長安豊政務官、吉良州司外務政務官。
 午後6時26分、執務室を出て特別応接室へ。同27分から同37分まで、報道各社のインタビュー。「きょう2次補正予算が成立したが」に「2次補正予算が成立してよかったなと、安堵(あんど)してます」。同38分、同室を出て執務室へ。
 午後7時28分、執務室を出て、同29分、官邸発。同30分、公邸着。
 29日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜東京地検、小沢事務所から2000万円押収〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

社民・国民新、岡田外相の「普天間継続も」発言に反発(産経新聞)
<皇太子さま>メキシコ交流展式典に出席(毎日新聞)
民主への配慮? 公明・山口氏の「迫力不足」(産経新聞)
小沢氏問題、冷静な対応を=民主内の「けじめ」発言−鳩山首相(時事通信)
国歌不起立の教職員名収集、神奈川県教委が継続(読売新聞)
[PR]
by xd2qiujkan | 2010-02-04 18:55
 山梨県富士河口湖町船津の新聞配達員平尾恵美子さん(61)がアパート自室で死亡していた事件で、死因はビニール製のひもで首を絞められたための窒息であることが1日、県警の調べで分かった。県警捜査1課は殺人事件と断定し、富士吉田署に捜査本部を設置した。
 捜査本部によると、新聞販売店の同僚男性(44)が出勤したところ、平尾さんが現れなかったため自宅を訪問。男性は、居間でジャンパー、ジーパン姿で倒れている平尾さんを発見した。自宅の鍵は見つかっていないという。 

【関連ニュース】
女性配達員殺される=首に絞められた跡
焼け跡の女性遺体に刺し傷=胸など数カ所、殺人で捜査
遺体は兵庫の72歳女性=首締め刺される、殺人と断定
兵庫の女性か、空き地で死亡=雪に埋まり、上半身刺し傷
母親殺害容疑で長男逮捕=「介護に疲れた」

冬のボーナス、12%減=減少率最大−厚労省調査(時事通信)
<南極観測隊>同行教諭、昭和基地から理科の授業(毎日新聞)
バレンタインのハート形イカ、ホシエイがパクリ 都内でイベント(産経新聞)
<訃報>夏夕介さん59歳=俳優(毎日新聞)
町村氏の挑発に前原氏がキレた…衆院予算委(スポーツ報知)
[PR]
by xd2qiujkan | 2010-02-03 19:05
【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第2回】(13)

 《秋葉原無差別殺傷事件を目撃した男性に対する検察側の証人尋問は終わった。次に、加藤智大(ともひろ)被告(27)の弁護人が質問に立つ。加藤被告のトラックが秋葉原の交差点に突っ込んだ際の目撃証言について、質問していく》

 弁護人「『ゴー』って音がしたとのことですが、何かに物が当たるような音はしませんでしたか」

 証人「全然気付きませんでした」

 《フロントガラスに張り付くなどしていた人を見た」「地面に倒れていた」という証人に対して、弁護人が質問する》

 弁護人「あなたが、(フロントガラスに)衝突したのを見た人が、地面に倒れていた被害者ですか」

 証人「どっちがどっちか分かりません」

 弁護人「その(衝突した)人は、(倒れていた人とは)別の人だったということはありませんか」

 証人「そうですね」

 弁護人「フロントガラスに衝突した人がどうなったか見てないですか」

 証人「見ておりません」

 《また「前輪と後輪とのタイヤの間に人を見た」いう証人に対して、被害者がどのようにひかれたのか位置を細かく確認していく》

 弁護人「あなたは前輪と後輪のタイヤの間に人を見たとおっしゃったが、(その)地面にいた人に、タイヤが乗り上げるところを見ましたか」

 証人「最初に前輪と後輪の間に人がいてその後、人が前輪を越えて前にいました。車が乗り越えたのか、人が動いたのかは分かりません。左前輪の下を抜けていきました」

 弁護人「車が(倒れていた)人の上を乗り(越えて)、車がバウンドしたところなどは見ましたか」

 証人「車が人を乗り越えたっていうのは、目視しています」

 《次に、弁護人は、“犯人”が車から降り、ナイフで襲いかかった際の状況について、質問していく》

 弁護人「交差点の中央で車から人が降りてくるのを見ましたか?」

 証人「扉が開くのが見えています」

 弁護人「あなたの調書の中では、降りてきたのは男か女かは分からなかったようですが」

 証人「一番最初のころは人影が降りたような雰囲気もあったが、人が降りてきたというより扉が開いたことのほうがイメージに残っています」

 《弁護人は、証言のはっきりしない部分を浮き彫りにしようとしているようだ》

 弁護人「人が刺されたときに、(はじめて)犯人がいるのが分かった?」

 証人「そうです」

 弁護人「(被害者が)刺されたところは見ていない」

 証人「見ていません。刺された瞬間は見ておりません」

 弁護人「犯人が気付いたら目の前にいた?」

 証人「はい」

 《弁護人はトラックから降りて、ナイフを振り回した男を“犯人”と呼んでいる。証人への質問で、まだ「加藤被告」という言葉は出てこない》

 弁護人「犯人がナイフを突き出してきた」

 証人「はい。2回って感じじゃなく、小さく跳ねながら前に向かってくる感じでした」

 《裁判長が身を乗り出して尋ねる。「跳ねながらですか?」》

 証人「若干跳ねながら前に突き出してくる。こう。何回もしながら」

 弁護人「右手だけで」

 証人「はい」

 弁護人「そして視界から消えた。あなたが前に出て、犯人とすれ違った感じですか」

 証人「そんな感じです」

 《突然のトラック突入で騒然とする交差点の様子を証言してきた証人の男性。この点についても、弁護人が、詳細に質問する》

 弁護人「交差点の中の様子を説明してください」

 証人「騒然としちゃって。交差点の中は直後には救護している人、周りを囲んでいる人がいて…。『危ない』という声の後は、人があふれてパニックというか…」

 弁護人「犯人が何か叫んだりしていたことはありますか」

 証人「ありません。なかったから、(犯人に気付かない)被害者が刺されたのかもしれません」

 弁護人「キャーとか絶え間なく聞こえてきたのですか、それとも静かな雰囲気でしたか」

 証人「自分が覚えているイメージになってしまいますが、いろんな声が飛び交っていました。文字にならない悲鳴に近い声が。そんな感じでしか覚えていません」

 《秋葉原が騒然とする中、警察官に取り押さえられたとされる加藤被告。このときの証人の証言についても、弁護側は質問していく。ただ、警察官ともみ合っている「加藤被告」についてではなく、“犯人”についての質問だ》

 弁護人「あなたが見たとき、もう警察官と犯人とは闘っていたのですか」

 証人「はい」

 弁護人「犯人が(取り押さえられた)路地に入るのは見ましたか」

 証人「見ておりません」

 弁護人「警察官は犯人を殴ったりはしていましたか」

 証人「していません」

 弁護人「警察官はむしろ防戦していた?」

 証人「防戦していました」

 《加藤被告は身動きせず、手元の資料のようなものに目を注いだままだ。弁護人は、証人がナイフの男と向き合ったときの様子を証人に尋ねた》

 弁護人「そのときの表情は覚えていますか」

 証人「まばたき一つせず、前を見すえているという感じでした」

 弁護士「対峙(たいじ)していたとき、声を出していましたか」

 証人「ありません」

 《目撃者の男性に対する証人尋問は、これですべて終わった。村山浩昭裁判長が証人尋問の終わりを告げる》

 裁判長「証人の方、長時間お疲れさまでした。以上で尋問を終わりますので、書類に署名をしてください」

 《午後5時13分、村山裁判長が閉廷を宣言した。加藤被告は、両脇の係官を押しのけるようにして、傍聴席の前に来ると、遺族に向かってゆっくりと一礼し、無言で法廷を後にした》

 《次回の公判は2月5日午前10時から、同じ東京地裁104号法廷で開かれる。証人尋問などが行われる予定だが、次回は証人に遮蔽(しゃへい)がされることになっている》

 =(完)

【関連記事】
(1)再現される事件当時の進行経路… モニター見つめる加藤被告 秋葉原殺傷第2回ライブ
(2)「白っぽい上着の男に注目してください」再現される被告の行動 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(3)「あなたの所有物ですね」「はい」… 凶器のナイフ示され、うなずく被告 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(4)「背中を刺された。息苦しい」…被害者の“声”にも被告は無表情 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(5)「みんな死んでしまえ」「目標は100人」… 読み上げられる掲示板の書き込み 秋葉原17人殺傷第2回ライブ

巡査が事故、県警公表せず 宮城(産経新聞)
ハイチ支援の教訓生かす=医療チームが帰国報告−岡田外相(時事通信)
元朝日新聞記者の敗訴確定 記事不掲載訴訟(産経新聞)
暴行相手は飲食店関係者=顔にけが、朝青龍酒に酔い(時事通信)
タクシー運転手、窃盗少年に偽ヴィトン売る(スポーツ報知)
[PR]
by xd2qiujkan | 2010-02-02 22:24
 「1票の格差」が最大2.3倍となった09年8月30日投開票の衆院選は法の下の平等を定めた憲法に反するとして、広島市中区の有権者の男性が広島1区の選挙無効を求めた訴訟の判決が25日、広島高裁であった。広田聡裁判長は「選挙全体が2.3倍の格差で行われた違憲選挙であり、この格差は憲法の基本理念から容認できない。格差が2倍を下回る広島1区も一体不可分であり、違法」と指摘したうえで、選挙無効とすれば公共の福祉に反するとして選挙自体は有効とし、請求を棄却した。

 8月の衆院選小選挙区の「1票の格差」をめぐる訴訟では、09年12月の大阪高裁判決に続く違憲判断。同衆院選小選挙区の1選挙区当たりの有権者数は、最小の高知3区と最大の千葉4区との間に2.3倍、広島1区とは1.47倍の格差があった。東京の弁護士グループらが全国8高裁・支部に提訴していた。

 衆院選挙区画定審議会設置法(94年2月施行)によると、小選挙区の区割りは、定数300のうち47を各都道府県に一つずつ割り当て、残りを人口比で振り分ける「1人別枠方式」を採用。最大選挙区の人口が最少区の2倍以上にならないことが基本とされる。02年8月の定数是正で2倍以上の選挙区は95から9に減ったが、今回は45に増えた。

 広田裁判長は「投票価値の平等は憲法の基本理念で、国会が定めた具体的仕組みがこの憲法理念に反するため是認できない場合は違憲、違法となる」と判断。さらに、「1人別枠方式は09年の選挙の前に合理性、正当性を失っていた。国会が格差の是正を怠ってきたことから、裁量権とは是認できず、選挙は違憲、違法である」と国会の責任を強く指摘した。

 公職選挙法により、国政選挙の無効確認訴訟の1審は高裁で行われる。最高裁判例は、衆院選で格差が3倍を超えた場合、違憲か違憲状態と指摘しており、最大2.17倍だった05年衆院選について最高裁は07年6月、「合憲」と判断していた。【寺岡俊】

【関連ニュース】
1票の格差:双方とも上告 「違憲判断」大阪高裁判決で
8月衆院選:1票の格差「違憲状態解消すべきだ」官房長官
8月衆院選:違憲判決に原告側「歴史的、すさまじい」
8月衆院選:格差2倍で「違憲」 選挙は有効 大阪高裁
1票の格差:4.986倍 前年より拡大

元タクシー運転手を殺人で再逮捕 警視庁 (産経新聞)
小沢氏が差別発言か オバマ政権誕生に「黒人を選んでまで…」(産経新聞)
真冬に咲くチューリップ=千葉県船橋市〔地域〕(時事通信)
貨物船、護衛艦の進路で衝突=関門海峡事故の画像公表−運輸安全委(時事通信)
新聞検閲 占領下の実態「証言」呼びかけ…早大メディア研(毎日新聞)
[PR]
by xd2qiujkan | 2010-02-01 21:55